マンション経営の利率

マンション経営の利率

マンション経営の利率 経済不況が問題になるなか、金融商品はかなり危険な状態になっています。
普通預金は0.01%という利率で超低金利水準になっていますので、預金をしていてもまったく意味のない状態にまで陥っています。
そのようななかで注目されているのが「マンション経営」です。
マンション経営の場合、家賃利回り5%前後になりますので、単純に数字だけを比較してみれば預金の500倍もの利益をえられるチャンスがあるということです。
この利益だけでみれば利回り5%前後というのはそこまで大きく感じないかもしれませんが、マンション経営の場合にはリスクを自分から少なくできるというメリットがあります。
マンション経営でしたら立地条件などを選ぶこともできますし、改築や改装などによって入居率を改善することもできます。
株式投資やFXのようにコントロールすることができない金融商品とくらべてこの点は大きなメリットになっています。
さらに家賃収入はかなり大きいですので、ローンを組んでマンション購入した場合でもそれだけで返済することも可能です。
ちなみに税金の還付も受けられるようになっていますので、かなり効率的でリスクが少ない経済商品としてマンション経営が人気になっているわけです。

実際の利率

マンション経営で始めやすいのがワンルームマンションの経営ですが、平均して4~5%という高い利率になっています。
これは長期国債の1.4%や投資信託の1%というような利率と比較した時にどれだけ高いのか理解できる数字です。
このワンルームマンションの経営ですが、若い人をはじめ大学生などワンルームマンションのニーズは常にありますので、ワンルームマンションの経営はかなり安定した経済商品だといえるでしょう。
とくに退職金などでマンション購入した場合にはローンもなく、そのまま家賃収入が自分の収入になっていきますので、かなり安定した収入源になることでしょう。
またマンション経営の場合には細かな専門知識がいらないというのも大きなメリットです。
さらにマンション経営でしたら買ったマンションは自分の資産になりますので、それらの資産を後に残すことができるというのも大きなメリットになっています。
経済不況の今だからこそ、かしこく資産を運用して安心して資産を増やすことができるように工夫する必要があります。
マンション経営についてこれまで考えたことが無い方はぜひこの際にマンション経営について知ってみるのは良い方法だといえるでしょう。